レース情報
race

競輪スマリレ・日刊スポーツ賞 5月6日開催初日

  • S級戦
  • A級戦
  • L級戦

【S級戦展望】林大がパワー発揮

 自力攻撃の破壊力なら林大悟が一番だ。2月豊橋では、力強いまくりで今年の初Vをゲットすると、同月岐阜の初日特選は、正攻法からの突っ張り先行で2着、志田龍を不発に陥れている。3月岸和田で落車したのは気になるが、影響がないようなら、パワーにものを言わせて別線をねじ伏せよう。ガッツマーカー・大塚健一郎が林に続く。落車負傷で2カ月半実戦を離れたが、復帰戦の4月川崎記念では、一次予選で伊藤旭のまくりを差して白星スタート。体調に問題はない。林の仕掛け次第では逆転望める。
 直近4カ月の競走得点トップは嶋津拓弥。F1戦では優参が続いていて、3月京王閣では準V。2月奈良記念、3月武雄記念ではいずれも準決にコマを進めるなど、成績を高いレベルでまとめている。南関の自力型が手薄の不利はあるが、好位キープに成功すれば連に浮上してきそうだ。
 自力型がそろった寺沼拓摩、黒沢征治の埼京勢も好勝負が見込める。年齢の若い寺沼が前で戦うか。2月高松記念では1622着と気を吐いた。3月小倉の落車が問題ないようなら、主導権を握る可能性は十分だろう。黒沢が展開有利に抜け出す場面も。
 注目株は村田祐樹だ。S級でも徹底先行で奮戦していて、3月は小倉、岸和田で決勝に乗っている。しっかりしたラインが形成されるようなら一発怖い。
 近畿勢も松村友和、伊藤信の大阪勢に南潤と駒数豊富。連係は流動的ながら動向には注意したい。

出場予定選手
林大悟
出場予定選手
大塚健一郎
出場予定選手
嶋津拓弥

月森亮輔 (岡山/101期/S2)

 ここのところ決勝には乗れていないものの、毎場所3日間に1回は連に絡んでいる。予選、選抜クラスは人気の有無にかかわらず、連の対象から外せない。

月森亮輔

岸田剛 (福井/121期/S2)

 3月福井で9連勝を達成してS級入り。2場所走ってまだ予選をクリアできていないが、先行基本の競走で奮戦している。潜在能力は高いので、S級の競走に慣れてくれば大化けも。

岸田剛

田村大 (宮崎/119期/S2)

 今期は初のS級戦。初戦の1月高知では、いきなり落車に見舞われたが、復帰後は同格戦で好走している。連がらみのほとんどが先行してのもので、相変わらず積極的だ。

田村大

出場選手

S級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
大塚健一郎 大分 82期 103.67 0 0 0 1 0 1 0 1 4
山下渡 茨城 91期 99.62 0 0 0 4 3 4 3 4 15
伊藤信 大阪 92期 104.20 1 1 6 3 0 6 4 1 9
岡田泰地 栃木 100期 99.75 0 0 1 5 2 4 4 5 23
久島尚樹 宮崎 100期 99.21 0 0 1 1 0 1 1 1 11
嶋津拓弥 神奈川 103期 107.04 0 0 0 4 2 3 3 4 13
林大悟 福岡 109期 107.00 6 3 3 0 0 3 3 1 9
南潤 和歌山 111期 103.67 11 6 1 1 0 5 3 2 14
黒沢征治 埼玉 113期 103.30 14 5 1 0 1 2 5 1 15

S級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
江守昇 千葉 73期 98.56 0 0 0 9 0 2 7 3 24
渡辺晴智 静岡 73期 97.71 0 0 0 1 3 1 3 7 20
宮下貴之 埼玉 81期 90.57 0 0 0 0 0 0 0 0 7
真崎新太郎 栃木 85期 98.79 0 0 0 2 1 2 1 4 21
吉田勇人 埼玉 86期 99.86 0 0 0 2 1 1 2 9 16
上田裕和 三重 86期 100.25 0 0 0 2 3 0 5 2 17
山田敦也 北海道 88期 97.81 0 0 0 2 3 1 4 4 23
松村友和 大阪 88期 106.33 0 0 0 2 6 2 6 0 4
佐藤朋也 秋田 89期 98.61 0 0 1 3 1 2 3 4 14
鷲田幸司 福井 92期 101.87 0 0 0 3 3 2 4 5 19
飯田憲司 静岡 96期 95.57 0 0 1 0 2 1 2 3 24
黒田淳 岡山 97期 100.26 0 0 2 2 2 3 3 5 20
田中陽平 熊本 97期 97.86 0 0 0 1 1 1 1 3 23
小原周祐 高知 99期 97.65 1 0 2 4 0 2 4 3 17
峰重祐之介 岡山 100期 94.37 0 0 0 0 1 0 1 5 32
月森亮輔 岡山 101期 100.76 5 1 4 2 0 4 3 4 18
瀬戸晋作 長崎 107期 97.74 0 0 1 1 1 1 2 4 16
山本拳也 高知 109期 100.04 1 0 1 4 1 3 3 6 16
寺沼拓摩 東京 115期 105.00 4 3 3 0 0 2 4 4 5
張野幸聖 和歌山 115期 96.43 10 3 3 0 0 3 3 3 14
梁島邦友 茨城 117期 95.33 9 2 0 2 0 1 3 3 23
近藤翔馬 愛媛 119期 93.80 3 1 0 0 0 1 0 1 13
田村大 宮崎 119期 97.91 12 7 0 1 0 4 4 4 10
邊見光輝 福島 119期 94.38 10 4 0 0 0 3 1 0 22
村田祐樹 富山 121期 103.04 17 12 2 0 0 6 8 0 12
岸田剛 福井 121期 95.83 18 9 6 0 0 13 2 4 5

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 山下 渡選手

  • 梁島 邦友選手

【A級戦展望】安定感際立つ吉本哲

長らくS級で活躍した吉本哲郎。さすがにA級では実力上位だ。降級した今期は常に優勝争いを賑わしている。2月高松から4月小倉までの5場所は2V、準V2回。ラインの自力型が不在なら、まくりも視野に入れた総力戦で優勝を目指す。吉松直人、藤原浩の四国勢が吉本を盛り立てる。特に吉松は差し脚好調で、今期は早くも3Vを達成。4月宇都宮でも優勝をものにしたばかりだ。吉本の仕掛け次第では差し切りも。
 機動力なら吉川起也も引けを取らない。今期は1V、準V2回、初日特選で3勝をあげている。今節の中部勢は追い込み型が手薄だが、仕掛けがツボにはまれば首位に躍り出ても不思議ではない。
 金子哲大、堀政美の関東勢も軽視できない。今期は欠場が多く、近況は今ひとつの金子ながら、4月小田原の初日特選では、逃げて2着に粘っている。主導権さえ握れば好勝負に持ち込める。地元の大ベテラン堀は、金子を目標に地元Vを狙う。
 S級では力不足の感もあった三浦雄大だが、3月川崎223着など、A級なら堅実な走りを披露している。北日本勢は自力型が手薄なので、位置取りが浮沈の鍵となりそうだ。

 

出場予定選手
吉本哲郎
出場予定選手
吉松直人

荒川仁 (千葉/121期/A1)

 力を発揮できずに終るレースも散見するが、スピードは一級品。当所は昨年の12月に参戦し、121着とブレイクしている。今節も大駆けが期待される。

荒川仁

松下綾馬 (岡山/121期/A2)

 徹底先行で着実に力を付けてきた。今期は予選での連がらみが増えていて、6場所走って1勝、2着3回。同格戦は好勝負必至だ。

松下綾馬

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
堀政美 茨城 65期 91.05 0 0 1 3 2 3 3 5 8
藤野一良 大阪 77期 87.15 0 0 1 5 1 4 3 7 13
竹内一暢 滋賀 84期 87.31 0 0 0 8 4 7 5 4 13
吉本哲郎 広島 84期 94.11 1 0 6 6 3 8 7 5 7
藤原浩 高知 87期 91.33 0 0 0 4 4 1 7 2 8
吉松直人 高知 90期 93.11 0 0 2 12 2 11 5 4 7
吉川起也 富山 92期 91.73 10 6 4 5 0 9 6 2 13
小原将通 大分 92期 84.18 0 0 0 3 3 1 5 0 16
金子哲大 埼玉 95期 90.33 3 1 0 4 0 4 1 2 8
柴田竜史 静岡 96期 87.07 0 0 0 6 4 1 9 3 17
三浦雄大 宮城 98期 92.33 0 0 0 1 5 1 5 3 9
巴直也 神奈川 101期 90.88 0 0 0 7 2 4 5 3 14
菅田謙仁 宮城 109期 87.86 7 2 0 5 1 3 5 3 10
勝谷勝治 三重 115期 81.70 12 2 2 0 2 1 5 3 18
田上晃也 岡山 115期 84.85 15 9 1 2 0 7 5 7 14
竹元健竜 福岡 115期 86.67 3 0 6 2 1 5 4 4 14
荒川仁 千葉 121期 87.94 9 8 1 0 1 6 4 1 6

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
杉浦康一 北海道 58期 82.04 0 0 0 2 0 2 0 5 17
深井高志 東京 63期 80.75 0 0 0 0 0 0 0 4 20
石田洋秀 広島 64期 83.06 0 0 0 4 2 1 5 8 19
山田圭二 愛知 70期 77.59 0 0 0 0 0 0 0 1 26
安藤宜明 神奈川 74期 82.86 0 0 0 3 0 2 1 8 11
大沼孝行 静岡 74期 81.15 8 5 2 1 0 2 6 1 17
吉川悟 大阪 79期 80.93 0 0 0 1 0 0 1 5 22
松尾大樹 長崎 87期 79.04 0 0 0 2 1 2 1 1 23
岡田雅也 高知 88期 77.19 0 0 0 0 0 0 0 1 26
大泉英則 宮城 89期 80.52 0 0 0 2 2 1 3 1 20
桜川雅彦 千葉 99期 81.21 2 0 1 4 1 5 1 5 18
斎藤敦 大阪 103期 77.22 8 0 0 0 0 0 0 2 25
高山雄丞 愛媛 109期 81.33 4 1 3 2 0 4 2 3 15
高橋大輝 秋田 111期 85.22 2 0 2 2 0 3 1 3 16
山田祐太 福島 113期 83.40 13 6 2 0 0 4 4 1 16
岩城佑典 愛知 119期 86.43 15 3 2 1 1 3 4 4 12
北川大成 熊本 119期 82.55 3 1 2 0 0 2 1 3 14
小坂丈 茨城 121期 86.78 5 3 1 0 0 3 1 1 4
松下綾馬 岡山 121期 85.06 11 7 0 0 0 2 5 1 10
中山遼太郎 熊本 121期 86.59 10 5 2 3 2 9 3 4 13

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 堀 政美選手

  • 小坂 丈選手

【L級戦展望】スピード光る野本怜

やや末脚の甘さを露呈する場面もある野本怜菜ながら、スピードを活かした主武器のまくりは破壊力満点。昨年は6Vを達成しているし、今年も初戦の1月松阪でいきなり優勝を手にしている。このメンバーなら自慢の快速を発揮してねじ伏せよう。
 藤田まりあもまくりには威力がある。2月高松では、小林優、中野咲らの強豪をまくりで撃破してVをゲット。当所は昨年の9月に参戦し、3連勝を飾った実績もある。好発進を決めれば単望める。
 まだ優勝経験はない戸田瑞姫だが、今年はまだ決勝を1回も外していないし、3月別府、同月平塚では、いずれも予選1で勝ち星をあげている。好位置キープに成功すれば連対望める。
 準V、決勝3着が何回もありながら、デビュー以来、なかなか勝てなかった宇野紅音。3月松阪の予選1で待望の勝ち星をゲットすると、4月平は213着。勢いに乗って初Vを飾っても不思議ではない。

 

出場予定選手
野本怜菜
出場予定選手
藤田まりあ

田中月菜 (佐賀/118期/L1)

 2月松阪〜4月岸和田の5場所は、4回決勝に乗っている。4月平塚の予選2では、奥井迪らを撃破するヒットを飛ばした。今節も予選は目が離せない。

田中月菜

蛯原杏奈 (北海道/120期/L1)

 やや勝ち味に遅く、昨年は1勝、今年はまだ勝ち星がないが、堅実な走りで決勝進出は多い。予選は2、3着に絡めて狙ってみたい。

蛯原杏奈

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
増茂るるこ 東京 102期 51.89 1 0 0 2 1 2 1 2 4
青木美優 栃木 106期 47.16 0 0 0 0 0 0 0 3 22
野本怜菜 埼玉 114期 55.33 3 0 7 3 1 6 5 2 2
豊岡英子 大阪 114期 51.25 3 0 1 3 6 3 7 0 18
藤田まりあ 埼玉 116期 53.42 6 1 5 4 0 6 4 3 6
久米詩 静岡 116期 55.64 16 8 10 2 0 17 3 2 3
近澤諒香 三重 118期 48.45 0 0 0 3 2 2 3 5 23
尾方真生 福岡 118期 55.78 12 4 16 3 0 21 2 0 4
田中月菜 佐賀 118期 50.17 1 1 0 3 0 3 1 6 14
蛯原杏奈 北海道 120期 49.67 0 0 0 0 4 0 4 4 16
戸田瑞姫 茨城 122期 52.67 0 0 1 2 3 2 4 5 10
野寺楓 静岡 122期 49.00 0 0 0 0 2 0 2 4 15
鈴木咲香 愛知 122期 44.96 2 0 0 0 0 0 0 0 23
池上あかり 福岡 122期 47.05 0 0 0 1 1 0 2 1 17
宇野紅音 岐阜 124期 51.74 1 0 2 3 1 2 4 10 11
藤高千恵 広島 124期 45.36 0 0 0 0 1 0 1 2 22
高本美穂 熊本 124期 46.00 0 0 1 0 0 0 1 0 11

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 戸田 瑞姫選手