レース情報
race

サテライトしおさい鹿島杯 1月28日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】S級で善戦した笠松将

 自力型がそろったが、戦歴は笠松将太が1枚上だ。昨年の成績は15勝、2着15回で連対率は27%。S級でも機動力を発揮して同格戦で好走していた。A級戦なら持ち味の自力攻撃で別線をねじ伏せる。同県の和田禎嗣が笠松に続き埼玉ワンツーを目指す。和田も昨年はS級を張っていた。
 地元の新鋭・松崎広太も有力な優勝候補の一人。昨年は8月に特別昇班を果たすと、1、2班戦初戦の9月当所でいきなりVをゲットしている。その後も12月大宮で2V目をものにするなど、柔軟性を兼ね備えた自力攻撃で奮戦中。今節は当所連覇に闘志を燃やす。
 矢口大樹、金野俊秋、出澤拓也とそろった南関勢も侮れない。矢口はS級で一発があった機動力の持ち主。12月は2場所続けて欠場しているので、体調には一抹の不安が残るが、問題がないようなら好勝負に持ち込んでも不思議ではない。金野は申し分のない成績だ。10月〜12月は7場所走って4Vを飾っている。矢口が先手を奪えば首位に躍り出る場面は十分。
 仕掛けがツボにはまったときの破壊力には、素晴らしいものがある猪狩祐樹の一発にも魅力を感じる。大ベテランの高谷雅彦が続き北日本ラインを形成する。

 

出場予定選手
笠松将太
出場予定選手
松崎広太

宮下一歩 (長野/115期/A1)

 しばらく準決では連に絡めずにいたが、12月は西武園、平塚と続けて連対を果たすと、今年初戦の1月宇都宮125着。末脚の粘りが戻ってきた印象だ。

宮下一歩

山崎輝夫 (埼玉/99期/A1)

 予選はほとんど連を外していないし、散発的ながら準決でもヒットを飛ばしている。直近4カ月の連対率は54・5%と高く、まくり兼備の差し脚が冴えている。

山崎輝夫

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
高谷雅彦 青森 67期 84.93 0 0 3 3 3 3 6 2 17
明田春喜 北海道 89期 89.35 0 0 0 8 4 5 7 4 10
金野俊秋 千葉 92期 88.36 4 2 0 4 1 3 4 0 7
山崎悟 茨城 92期 88.00 0 0 2 5 2 7 2 4 14
内田玄希 東京 94期 91.58 0 0 0 7 2 4 5 5 10
矢口大樹 千葉 95期 90.74 14 7 3 0 0 4 6 6 11
佐山俊樹 埼玉 97期 83.82 0 0 0 3 4 3 4 4 11
猪狩祐樹 福島 99期 93.36 5 4 10 2 0 15 1 1 8
山崎輝夫 埼玉 99期 89.29 1 2 0 7 3 6 6 4 12
和田禎嗣 埼玉 99期 91.80 0 0 0 6 0 1 5 0 4
長沼謙太 東京 99期 81.33 0 0 0 2 0 2 0 3 19
笠松将太 埼玉 100期 93.89 8 4 5 3 0 6 6 2 4
会沢龍 宮城 105期 88.67 1 0 2 4 6 2 10 8 10
寺沼将彦 東京 111期 92.00 0 0 0 5 2 3 4 2 9
出澤拓也 神奈川 111期 89.11 0 0 0 4 3 4 3 4 16
宮下一歩 長野 115期 90.47 25 13 1 0 0 3 11 5 11

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
篠崎高志 栃木 72期 82.86 0 0 0 3 4 2 5 6 23
小室貴広 茨城 75期 79.83 0 0 0 2 0 1 1 3 24
深沢伸介 静岡 76期 87.30 0 0 1 3 6 2 8 7 10
鎌田聡 宮城 81期 82.47 0 0 0 5 2 4 3 3 20
福森慎太郎 千葉 84期 81.58 5 2 4 0 0 3 3 3 24
佐藤有輝 神奈川 85期 85.17 0 0 0 4 0 2 2 6 14
川上真二郎 新潟 86期 83.04 0 0 0 1 1 0 2 7 18
白石大輔 福島 88期 82.81 1 1 3 4 1 3 6 3 25
滝野勝太 群馬 92期 82.25 0 0 0 1 1 0 2 6 16
緒方剛 埼玉 92期 80.00 1 0 0 1 1 1 1 2 23
関根崇人 福島 94期 81.14 1 0 0 0 0 0 0 4 17
鈴木雄一朗 東京 94期 80.94 5 1 0 3 0 3 1 2 12
河野要 神奈川 94期 83.67 0 0 0 3 1 3 1 4 16
栗田雄矢 静岡 96期 86.13 0 0 1 5 0 4 2 6 12
赤塚悠人 山形 97期 86.06 3 2 3 2 0 6 1 1 9
吉田元輝 茨城 100期 83.25 5 0 2 2 2 3 3 6 12
中島将尊 群馬 105期 86.79 4 3 0 6 0 6 3 4 11
梅田加津也 神奈川 119期 81.30 10 4 1 0 0 3 2 3 19
長谷川飛向 東京 121期 91.04 17 13 5 1 0 15 4 0 7
松崎広太 茨城 123期 92.27 17 9 5 1 0 9 6 3 4

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 山崎 悟選手

  • 小室 貴広選手

  • 吉田 元輝選手

  • 松崎 広太選手

【チャレンジ展望】石田典VS山田駿

在所成績は1勝、第55位の石田典大だが、先行回数が多く、脚力は成績順位以上のものがあった。本格デビュー後はオール優参して5V、準V5回と好成績だし、連がらみの決まり手は7割超が先行してのもので、相変わらず競走は積極的だ。当所は9月に参戦して逃げ切りVを飾っていて、今シリーズも先行基本の競走でVを睨む。高峰賢治、堀勝政の上甲勢が石田に続き関東ラインを形成する。
 対峙する山田駿斗は、在所成績は第12位で、記録会でも好タイムを出していた。まだ力を出し切れていない感があり、昨年後期の2Vはやや物足りない数字ながらポテンシャルは高い。石田典に比べると見劣りする航続距離を、レース運びでカバーできれば単望める。同県の小林大能が山田をマークする。昨年後期の1、2班戦では力不足の感もあったが、最終戦の12月西武園では262着と2連対。調子は良好だ。畠山裕行まで加勢なら南関ラインは強力になる。
 牧田賢也、佐藤正吾の北日本勢は苦戦を免れまい。1、2班戦とは言え、昨年後期の牧田は大敗続きだったし、佐藤は10月小松島で落車した後は実戦に姿を見せていない。

 

出場予定選手
石田典大
出場予定選手
山田駿斗

浅沼聖士 (静岡/87期/A3)

 7月別府での落車が尾を引いていたのか、昨年後期の1、2班戦は振るわなかった。だが、昨年前期のチャレンジ戦では、優勝をゲットした実績がある。好位置あるレースは連対望める。

浅沼聖士

田村純一 (福島/92期/A3)

 ここのところ自力攻撃が冴えていて、直近4カ月の連対率は5割に迫る勢い。予選で大きな数字が目に付く反面、散発的ながら決勝にも乗っている。人気薄での一発に注。

田村純一

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
北沢勝弘 栃木 54期 68.33 0 0 0 1 0 0 1 6 14
乙川高徳 東京 65期 68.48 0 0 0 0 2 0 2 2 17
戸辺裕将 茨城 72期
平沢秀信 北海道 73期 65.89 0 0 0 0 4 0 4 3 20
高峰賢治 山梨 73期 74.70 0 0 0 8 6 7 7 3 10
梶原亜湖 静岡 73期 65.79 0 0 1 2 1 1 3 1 29
吉田英二 東京 76期 69.33 0 0 0 5 1 2 4 6 21
志村正洋 神奈川 77期 70.20 0 0 0 3 2 2 3 9 21
清水正人 千葉 79期 68.59 0 0 0 1 1 0 2 4 21
木村元信 青森 81期 65.21 0 0 0 1 1 1 1 1 25
阿部博之 東京 82期 68.85 0 0 0 4 1 1 4 5 17
鈴木浩 新潟 82期 68.10 2 1 1 2 0 3 1 2 15
畠山裕行 神奈川 82期 74.62 0 0 0 6 5 3 8 2 8
清水一博 岩手 84期 64.80 0 0 0 1 0 0 1 1 18
小林大能 千葉 87期 71.54 1 1 2 4 6 3 10 5 17
浅沼聖士 静岡 87期 73.38 0 0 0 4 5 2 7 3 9
藤原義晴 岩手 88期 69.31 0 0 0 6 4 4 6 3 19
佐藤正吾 宮城 88期 69.05 0 0 0 2 5 2 5 4 9
米倉剛志 千葉 89期 68.30 12 6 2 1 0 4 5 2 16
田村純一 福島 92期 72.00 11 4 6 1 0 8 3 4 12
佐藤純嘉 青森 94期 68.12 0 0 0 2 0 1 1 7 24
佐藤康恭 福島 94期 71.13 6 2 3 6 2 5 8 2 15
村本慎吾 静岡 94期 72.55 0 0 0 9 2 5 6 7 15
川上真吾 東京 98期
藤本龍也 長野 98期 69.70 11 5 1 2 0 5 3 6 16
前島恭平 長野 98期 71.00 12 7 0 2 1 4 6 5 18
佐川拓也 福島 99期 69.55 0 0 0 6 1 6 1 6 20
渡辺福太郎 神奈川 103期 68.18 6 5 0 0 0 2 3 2 10
牧田賢也 福島 111期 71.14 7 6 4 0 0 7 3 1 10
菱沼元樹 埼玉 111期 67.79 16 11 0 0 0 7 4 0 18
黒滝大翔 茨城 117期 74.86 2 0 2 5 0 5 2 8 7
石田典大 東京 123期 78.08 22 18 1 0 0 15 4 3 2
山田駿斗 千葉 123期 79.03 17 14 12 0 1 23 4 1 1
日吉克実 静岡 123期 64.93 2 2 1 0 0 2 1 0 12
望月嘉人 静岡 123期 74.74 13 8 4 2 0 11 3 5 8

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 戸辺 裕将選手

  • 黒滝 大翔選手

【L級戦展望】安定感を買えば小林莉

 超ド級の自力型が不在で混戦模様だが、連の軸に最適なのは小林莉子だろう。直近4カ月の勝率は44・4%でそれほど高くないものの、連対率は74%に跳ね上がる。堅実な走りで成績をまとめているので、ここも好位置キープしての差し、まくりで優勝を目指すか。
 対峙するのは荒牧聖未だ。昨年の8月〜9月には4場所連続完全Vを達成した実績がある。小林と同様に航続距離はあまり長くないが、スピードの切れには素晴らしいものがある。今年初戦の1月宇都宮は3連勝していて調子も良好だ。
 競走が最も積極的なのは地元の岩崎ゆみこ。直近4カ月の連がらみは46%が先行してのもの。11月〜12月は3Vと勢いがあったが、昨年最終戦の小倉で464着と大叩きしたのは気がかり。
 機動力なら太田美穂もなかなかのものがある。昨年後期の3Vは、すべてまくりでゲットしている。タイミングよく仕掛けて主導権を握れば押し切り十分。
 12月小倉でVをものにした藤原春陽は、好位置占めると連に浮上してきそう。また、ムラが難だが熊谷芽緯はツボにはまると怖い。

出場予定選手
小林莉子
出場予定選手
荒牧聖未

五味田奈穂 (千葉/124期/L1)

 師匠(野口裕史)に負けじと先行基本の競走で奮戦中。今年初戦の1月佐世保では、予選を22着で決勝に乗っている。今シリーズも予選は目が離せない。

五味田奈穂

渡口まりあ (山口/114期/L1)

 先行力にはなかなかのものがあり、最近は2場所に1回のペースで決勝に乗っている。11月小倉の予選2、12月川崎の予選2は、いずれも逃げて2着に粘った。

渡口まりあ

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
荒牧聖未 栃木 102期 56.63 2 1 4 10 2 15 2 2 0
小林莉子 東京 102期 56.42 3 0 11 13 4 20 8 2 1
藤原亜衣里 新潟 102期 44.59 0 0 0 0 1 0 1 0 21
佐々木恵理 愛知 110期 49.15 0 1 0 1 2 1 3 6 23
太田美穂 三重 112期 55.45 23 18 6 1 0 15 10 6 2
渡口まりあ 山口 114期 51.07 5 2 3 3 4 2 10 1 17
岩崎ゆみこ 茨城 116期 51.36 9 3 7 0 0 6 4 5 13
近澤諒香 三重 118期 48.45 0 0 0 3 2 2 3 5 23
山本さくら 愛知 120期 46.41 2 0 1 0 1 0 2 3 17
藤原春陽 徳島 122期 52.00 1 0 0 1 1 0 2 6 8
熊谷芽緯 岩手 124期 53.10 14 4 2 2 0 4 4 8 5
戸邉香奈実 茨城 124期 46.14 2 0 0 0 0 0 0 3 18
五味田奈穂 千葉 124期 50.00 7 5 1 0 0 3 3 3 15
金田舞夏 福岡 124期 48.27 2 0 1 1 1 1 2 3 24

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 岩崎 ゆみこ選手

  • 戸邉 香奈実選手