レース情報
race

オッズ・パーク杯 8月12日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】総合力で関東勢がリード

 V争いは混戦模様だが、市川健太を本命に推す。3月広島で3ケ月半ぶりに戦線復帰。2場所目となった前橋ミッドの準Vで勢いを加速させると、4月小松島、立川を連覇して完調ぶりをアピールした。直近こそ一息の成績だが、当所まで時間があるだけに修正してくるだろう。狙い澄ました仕掛けでVを奪取する。安部達也の差し切りも十分だ。今期は5年半ぶりのA級戦。S級でも優出を果たしていた実力者だけに、確かな援護からゴール前勝負を演じる。ここに1、2班初戦を優出した蕗澤鴻太郎まで加われば、強力なラインが形成される。

 植木和広も侮れない。6月函館を3317着など、前期終盤は調子を上げていた。連係する三ッ井武が自在に動いて前々に攻めれば、鋭脚を発揮する場面も。同じく降級の三ッ井は初戦の京王閣で準決勝敗退。しかし、A級の流れに慣れればV争いに参加してくるだろう。6月大宮を制した望月紀男や、宮倉勇も神奈川勢と連係して浮上を狙う。

 北日本勢は佐藤雅彦、井上公利の宮城コンビが軸。特に佐藤は6月函館を完全V。決勝は目標がまくられる展開から、スイッチして差し切りと俊敏な動きを見せてくれた。今節も井上の仕掛けに乗って勝機をつかむ。

蕗澤鴻太郎 (群馬/111期/A2)

 6月久留米記念のレインボーに出場するなど、今年3V30勝の実績を引っさげて1、2班に初昇格。初戦の函館準決では、赤板前から先行して逃げ切りと周囲を驚かせた。今節も積極的な走りで魅せるか。

蕗澤鴻太郎

松根真 (東京/90期/A1)

 6月西武園ミッドでは3番手を奪取した中村弘之輔の仕掛けに続くと、ゴール寸前で交わしてV。勝負強い走りは健在だ。さらに、今節は市川健太を目標にできるだけにチャンスのシリーズ。

松根真

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
宮倉勇 千葉 58期 85.18 0 0 0 1 2 0 3 3 5
北村貴幸 群馬 71期 89.72 0 0 0 4 2 0 6 4 8
安坂洋一 神奈川 79期 84.20 0 0 0 1 0 1 0 0 4
望月紀男 静岡 79期 82.13 0 0 0 0 0 0 0 0 15
木村元信 青森 81期 82.22 0 0 0 0 0 0 0 3 15
成田直喜 青森 81期 89.63 0 0 0 2 2 1 3 5 10
市川健太 東京 82期 92.25 4 1 4 0 0 3 2 0 7
安部達也 埼玉 83期 96.56 0 0 0 1 0 1 0 3 12
福森慎太郎 千葉 84期 84.42 7 3 1 0 0 3 1 1 7
新井剛央 埼玉 86期 90.22 0 0 0 1 1 1 1 6 10
佐藤雅彦 宮城 87期 93.38 1 0 2 4 1 6 1 5 9
中山健 新潟 89期 71.33 1 1 0 1 0 2 0 0 1
松根真 東京 90期 91.56 0 0 0 1 2 1 2 0 6
長岡豪 群馬 91期 72.47 0 0 3 0 3 2 4 3 6
山崎悟 茨城 92期 83.52 0 0 0 4 1 2 3 0 16
井上公利 宮城 93期 87.95 12 8 2 0 0 9 1 1 10
伊藤翼 神奈川 94期 85.58 2 0 4 3 1 7 1 1 10
三ツ井武 神奈川 96期 93.44 0 0 0 0 1 0 1 1 14
植木和広 神奈川 98期 93.20 0 0 0 4 1 3 2 3 7
猪狩祐樹 福島 99期 89.83 5 3 8 1 0 5 7 1 5
新井僚太郎 山梨 100期 88.44 2 1 5 2 0 6 2 1 9
遠藤勝弥 静岡 109期 92.07 2 2 1 0 1 3 1 4 7

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
相良勝美 福島 70期 64.33 0 0 0 1 0 0 1 0 5
滝口和宏 東京 72期 77.19 0 0 0 0 0 0 0 0 16
渡辺一洋 静岡 72期 80.67 0 0 0 1 0 0 1 2 6
黒田充 栃木 73期 80.17 0 0 0 0 0 0 0 1 11
加藤貴宏 群馬 77期
峠祐介 埼玉 78期 83.56 0 0 0 0 1 0 1 1 7
柳充 青森 79期 83.50 0 0 0 1 0 1 0 0 5
関一浩 茨城 81期
国広哲治 埼玉 84期 85.94 1 1 0 2 0 1 2 2 13
若林耕司 群馬 87期 83.11 0 0 0 2 0 2 0 3 13
藤原清隆 静岡 87期 83.75 0 0 0 1 0 1 0 7 8
吉田輪太郎 神奈川 88期 79.88 3 0 0 0 0 0 0 3 14
鰐渕圭佑 群馬 90期 74.08 0 0 0 2 4 2 4 3 3
岡田哲夫 福島 92期 75.44 0 0 0 0 0 0 0 0 9
白川将太 青森 93期 84.73 0 0 0 2 0 1 1 3 10
角口聖也 千葉 94期 69.92 7 3 0 0 0 0 3 4 5
斎藤一茂 群馬 97期 80.56 6 3 0 0 0 2 1 0 15
三浦雄大 宮城 98期 89.50 0 0 1 4 0 2 3 1 8
藤本龍也 長野 98期
相川巧 埼玉 98期 78.37 4 1 0 2 0 1 2 1 15
奥原亨 神奈川 103期 84.25 1 1 2 1 0 3 1 0 8
門馬琢麿 福島 105期 82.00 7 2 1 0 0 1 2 2 12
蕗澤鴻太郎 群馬 111期 100.65 8 2 2 0 0 3 1 0 13

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 山崎 悟選手

  • 関 一浩選手

【チャレンジ展望】若き機動型が激突

 デビューを果たした113期の新人達が火花を散らす。柿本大貴は自転車経験こそ浅いが、学校時代からデビューを見すえた競走に取り組んでいた。能力評価も2度A評価を獲得するなど、ポテンシャルは高い。ダッシュ生かした組み立てで同期たちに土を付けよう。スピードスケートから転身した中嶋宣成は、在校中の先行回数が断トツのトップ。在校成績こそ中位に終わったが、攻めの気持ちを持って学校生活を送った。信念を貫く走りで別線を完封しよう。

 小林稜武の逆転も十分。昭二(53期引退)を父に持つだけに、自転車センスは高い。初戦の7月小田原はVこそ逃すも、俊敏な走りで無傷の優出を決めた。ここにベテラン小林宏年が巧タクトを振れば、さらに力は増すだろう。

 竹山慶太も怖い存在。前期の1、2班戦は優出こそなかったが、ほぼ毎場所で確定板入りを果たしていた。今期初戦の青森では、決勝で別線を完封するなど123着。格の違いを見せ付けた。好機に仕掛ければ、佐藤裕輝と連独占も。新人の山田祐太まで優出なら、北日本勢からV者排出の可能性が高まる。

島村匠 (福岡/111期/A3)

 5月松阪では今岡徹二の番手にハマると、冷静に追い込んでデビュー後初V。その後も優出を重ねるなど、安定感が増している。上位戦でも注意したい。

島村匠

戸塚涼介 (埼玉/111期/A3)

 徹底先行を信条に脚力を磨いている。6月大宮、続く7月青森ミッドと準決で後ろとワンツーを決めており、状態が上がってきた。今節も暴れるか。

戸塚涼介

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
小島寿昭 神奈川 52期
笹治稔 北海道 55期
小林宏年 静岡 55期 65.67 0 0 0 0 1 0 1 1 7
村田仁 茨城 58期 66.33 0 0 0 0 1 0 1 1 10
平田哲也 兵庫 59期 62.60 0 0 0 0 0 0 0 0 15
野井正紀 神奈川 63期 71.25 0 0 0 3 0 2 1 4 5
川崎正博 長崎 64期
乙川高徳 東京 65期 80.29 0 0 0 1 0 1 0 0 13
日比野行政 岐阜 66期
北田昭志 愛媛 66期 67.70 0 0 0 1 1 1 1 2 6
加藤剛 神奈川 68期
富岡武志 茨城 70期 67.00 0 0 0 0 0 0 0 1 2
伊加哲也 岡山 70期 69.47 3 3 0 1 3 2 5 0 8
福山幸作 愛媛 72期
大石敏弘 福岡 73期 63.80 0 0 0 0 1 0 1 1 13
北沢育夫 神奈川 74期 71.17 0 0 0 2 3 2 3 2 11
小林高志 東京 79期 68.92 0 0 0 2 1 0 3 3 6
橋本大祐 岐阜 80期 83.18 0 0 0 2 0 1 1 3 12
鶴岡与之 千葉 81期 80.53 0 0 0 1 1 1 1 1 12
渋川聡士 新潟 84期 79.00 1 0 0 0 0 0 0 0 1
佐野多喜男 新潟 85期 70.80 0 0 0 2 1 1 2 0 12
本間慎吾 新潟 91期 84.72 0 0 0 2 0 1 1 6 10
渋谷征広 静岡 91期 67.25 0 0 0 0 1 0 1 3 8
山口慎吾 北海道 93期 85.92 0 0 1 0 0 1 0 5 6
佐藤裕輝 福島 98期 66.47 2 1 0 0 1 0 2 3 10
斎藤敦 大阪 103期 72.60 4 3 0 0 2 1 4 0 10
竹山慶太 宮城 105期 84.56 11 3 1 1 0 1 4 2 11
戸塚涼介 埼玉 111期 72.17 7 5 0 0 0 3 2 2 5
浜田翔平 大阪 111期 69.67 6 1 0 0 0 1 0 2 9
島村匠 福岡 111期 78.50 3 1 1 0 0 1 1 0 14
白濱一平 長崎 111期 80.78 5 1 0 1 1 2 1 1 14
山田祐太 福島 113期 73.17 7 4 2 0 0 6 0 2 4
柿本大貴 東京 113期 84.33 4 1 1 0 0 1 1 0 4
中嶋宣成 長野 113期 87.44 8 4 0 0 0 3 1 0 5
小林稜武 千葉 113期 81.00 2 1 1 0 0 0 2 1 6

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 村田 仁選手

  • 富岡 武志選手

【L級戦展望】成長を遂げた梅川風子

 梅川風子に期待したい。コレクションなど大舞台の出場はまだないが、着実に脚力が向上している。3月福井では、石井貴子を破って今年初V。これをきっかけに、そのまま3連覇と勢いに乗る。4月函館ナイターG3のガールズでは、1123着のオール確定板入り。7月名古屋では児玉碧衣を破って完全Vと快進撃が止まらない。当所でも進化した走りで期待に応えよう。

 林真奈美が対抗する。5月福井では加瀬加奈子、小林莉子らを相手に巧みなレース運びで今年2V目を奪取。さらに、毎場所でV争いに参戦と安定した走りを見せている。先行を含めた多彩な戦法を駆使して、梅川を止める。

 柳原真緒にも注目したい。陸上の投てきで鍛えた足腰で、114期の在校1位と卒記クイーンの座を射止めた。初戦の奈良こそレース運びに不安が見られたが、徐々に慣れてくるだろう。溢れる才能を存分に発揮して強敵に立ち向かう。

 堅調な田中まいや、レース勘良い小林彩乃、荒川ひかりらも虎視眈々と逆転を狙う。

吉田夢姫 (愛知/114期/L1)

 アマ時代からインターハイのスクラッチで2着など、中長距離で活躍。初出走となった7月名古屋は初日失格に終わったが、当所までにレース慣れしているだろう。今度こそ自慢の脚力を披露しよう。

吉田夢姫

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
藤原亜衣里 新潟 102期 47.27 0 0 0 0 0 0 0 1 14
田中まい 千葉 104期 52.93 2 1 1 2 2 0 6 3 6
猪子真実 愛知 104期 48.09 1 0 1 0 0 1 0 1 9
高橋梨香 埼玉 106期 53.56 0 0 0 1 4 0 5 1 3
高橋朋恵 長崎 108期 53.33 0 0 1 4 2 3 4 2 3
藤巻絵里佳 福島 110期 47.60 0 0 0 0 0 0 0 2 13
荒川ひかり 茨城 110期 51.33 0 0 1 2 2 1 4 0 4
鈴木彩夏 東京 110期 51.93 0 0 1 0 4 0 5 4 6
小林彩乃 群馬 112期 50.17 0 0 1 0 1 0 2 1 3
梅川風子 東京 112期 56.63 7 2 13 0 0 11 4 0 1
成田可菜絵 大阪 112期 53.87 4 2 2 1 1 2 4 6 3
吉田夢姫 愛知 114期 46.54 0 0 0 0 0 0 0 2 11
柳原真緒 福井 114期 55.33 4 3 4 0 0 7 0 0 2
椿本浩子 愛媛 114期 43.67 0 0 0 0 0 0 0 0 12

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 荒川 ひかり選手